スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪組 『ロミオとジュリエット』 東京初日

02-18,2011

行って来ました(●^o^●)東京初日。


もうこんな時間だし、明日(今日)も行くので
今回はポイントを!

詳しくは明日以降書いていきたいと思います。



●本編●

・愛(大湖)のセリ上がり、せしるくんきれ~い!

・後ろから死(彩風)、真風さんのイメージが強くて咲ちゃんの「死」慣れないな。。

・まっつさんの「愛と死に彩られた~」いい声~

・マーキューシオ(早霧)のカツラが大劇と違った?

・チギちゃん道化を演じるの巧い
 あの奇抜な感じもすごい似合ってる

・ベン様(未涼)イケメン

・両家の夫人(麻樹・晴華)デュエットはさすが

・乳母のコマちゃんはもともと歌上手いけど
 さすがに今回は歌いずらそうな部分もありました
 でも、気持ちがすごい伝わってきた
 そして間がうまいです。

・綿毛を持って登場するピュアなロミオ(音月)がかわいい
 ちょうど登場前の場面が、憎しみの歌なので
 余計に、なんて純粋なロミオと思ってしまう。
 ベンヴォーリオにプイっと顔をそむけて森へ散歩にいってしまう。
 両家が争っているのにロミオは森でお散歩(笑)

・ロミオとほぼ同時に登場するジュリエット(舞羽)
 みみちゃん可愛かった~
 お互いまだ見ぬ恋人を想って歌う様子が微笑ましい。

・パリス伯爵(彩那)のカツラすごかったです
 おぉって感じで。

・仮面舞踏会の場面大好き!
 曲も振り付けも。
 パリス伯爵がティボルト(緒月)に持ち上げられるところがツボ(笑)

・桂ちゃんの「恋の翼に乗ってぇ~すべて乗り越え~たぁ~~」の
 「え~たぁ~~」の歌い方が好き。

・マーキューシオは息も絶え絶えに死んでしまったのに
 ティボルトはあっさり死んでしまった。

・ロミオ、マントヴァへの追放
 (そるふぇり~の~)

・ロミオの"僕は怖い"が半端ない。
 桂ちゃん歌上手いの知ってたよ、知ったたけど
 歌い方変えたのかわからないけどとにかくすごかった。
 特にリプライズ。(記憶が確かならば。)
 言葉では表せきれない。(ボキャ貧ですみません。)
 生で聴かないと味わえないものがあります。

・ベンヴォーリオの"どうやって伝えよう"
 これはもう鳥肌もんですよ
 本人も「こんなに腹筋使って歌ったことないかも」
 と言っていたほどの歌。
 あんなに歌いこなすなんて
 あれはすごい。

・ジュリエットと乳母の会話で
 ジュ「ありがとう」
 乳母「私にありがとうなんて言わないで」
 ジュ「だって、今日まで育ててくれたから」
 この会話がなんだか切ないんですよね。



●フィナーレ●


・桂ちゃん、サルエルパンツ似合う~~♪

・"エメ"のタンゴver.での燕尾群舞最高にかっこいい
 タンゴ大好きの私にとっては盛り上がりポイントのひとつ。
 しかも衣装も紫の燕尾で素敵です♪

・男役が去りコマちゃんとせしるくんが登場(ドレスで)
 やっぱり娘役にしてはガッチリしてる。

・桂ちゃんが走って銀橋に行きセンターで
 ガッツポーツ→胸に手を当てる振り、
 なんか泣けてきました。
 曲の感情と自分の感情がピッタリハマったというか
 なにかがカチッとはまって泣けてきた
 それであの笑顔されたらね~

・エトワールのヒメちゃん(舞咲)
 迫力が!
 高音がすごい響く\(◎o◎)/!

・緒月さん一人降り~

・桂ちゃんのお辞儀をして
 羽をバサッ→ニッて笑うあの顔がすごく好きです。



もうこんな時間
今回はこの辺にして
また明日以降書きます。

それではお休みなさい(-。-)y-゜゜゜




2011.2.18(Fri)
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。