スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪組 『ロミオとジュリエット』 脳内メモリー④

03-06,2011

2週間振りの観劇で記憶を取り戻したところで
脳内メモリーを進めたいと思います!


その前に、前回書いたロミオとジュリエットの
"いつか"のダンスバリエーションでのデュエットダンスの場面。
そこの、透水さらさちゃんのカゲソロがすごく綺麗なんです!



それでは。

台詞はニュアンスです。

今回は第9場からです。

神父様と乳母ソロ!



では一度閉じます。



第9場 ロレンス神父の庵
ロミオはジュリエットとの結婚式を
一刻も早く挙げるため神父様のもとへ。

(台詞の順序があやふや。。)

ロ「神父さまぁ~!
  「神父さまぁ~」の言い方がかわいい
   こんな可愛い18歳居ないぞ(笑)
神「またお前かぁ
ロ「ん~神父様ぁ(抱きつく)
神「こらこら、薬草が落ちたぞ
ロ「失礼しましたっ」(←かわいい)
神「あぁ!それはベラドンナといって死にいたることもある危険な薬草だ
ロ「ハッ(手に着いた薬草を払う)
  死んだら最期、僕の望みは叶いません

神「望みとは何だ?
ロ「結婚式を挙げて欲しいのです!

      中略

神「誰のだ?
ロ「僕です!
神「お前が!?あの尻の青いボンボンのお前がか!?

この時、ロミオがふくれっ面をするんですけど
…かわいい(●^o^●)
ふくれっ面の桂ちゃんもいいわ~(←そこ)

神「だが、お前ももう気が付けば成人
  相手は誰だ

ロ「ジュリエット
神「ヴェローナ中のジュリエットをもてあそんできただろう」(違うかも)
ロ「僕のジュリエットはヴェローナでただ一人
  キャピュレットの娘です

神「お前、自分が何を言っているのかわかっているのか
ロ「はい。
神「そこまでジュリエットを愛しているのか
ロ「すべてを懸けて愛しています!

"愛の為に"
神「愛ゆえに人は~過ちを犯す~♪
ロ「愛なしで人は~生きてゆけなぁい~♪

      中略   

神「午後の懺悔の時間に礼拝堂へ来るようにジュリエットに伝えるのだ
ロ「ありがとうございます神父様ぁ(抱きつく)
神「こらこら、わしはジュリエットではないぞ
ロ「失礼しましたっ
神「ほれ、早く伝えてくるんだ」(違った気がする、、)
ロ「はいっ!(走り去りながら)ヤッター!

このヤッターは、現時点で2日目が一番良かった。



第10場 ヴェローナ街頭
モンタギューチームが集まっている所へ
ジュリエットの使い、乳母がやってくる。

ここでの乳母、ちょっとお洒落をして
ブラウン系の動きのあるイヤリングをつけているそうです!
ちなみに、キャピュレット家ではパールのイヤリングを
仮面舞踏会ではしずく型のキラキラしたイヤリングをつけているとのこと。

乳「モンタギューのお若い殿方はどこに?
べ「俺たちだ
ここでマーキューシオがピョンピョン跳ねるんですけど
…チギちゃんかわいい
マーキューシオの新たな一面。(違う)

乳「ではこの中に、ロミオ様はいらっしゃる?
マ「ロミオになんの用だ
乳「二人だけでお話がしたいの
マ「聞いたか、このおばさんロミオをナンパしに来たぞ!
乳「違いますよ!ロミオ様はどこ?
マ「俺が、ロミオだ
乳「え、あんたが?いまいち品がないねぇ
べ「僕こそ、ロミオだ
乳「ほんとにこんな男に惚れたのかしらぁ

この一部始終、わかってても笑っちゃうんですよね
それは、コマちゃんの間が絶妙だから!!
観る度にやっぱり巧いなぁと感心しきりです


綺麗はぁ汚い~汚いは綺麗ぃ~♪


乳「ロミオ様はどこ?」(マーキューシオだったかも)
ロ「ここだよ
乳「あなたがロミオ様!?
ロ「ジュリエットの使いか!?
乳「はい!二人だけでお話を
マ「なんだロミオ、知り合いか?
乳「やっぱりあなたたちとは違いますね
ロ「さぁ、こっちへ
べ「おいロミオ!そのおばさんお持ち帰りかぁ? 」
ロ「あぁ!
マ「あいつ、あんなのが趣味だったのか


チギコマネタ
コマちゃんは袖でも乳母で居るらしく
それを見てチギちゃんは笑っちゃうらしい(笑)
三角巾みたいな被り物が妙に似合うbyチギ


ロミオと乳母の会話。
ロ「午後の懺悔の時間に礼拝堂へ来るよう伝えてくれ

この後何て言ったか忘れてしまった。。

おかしかったのは
ロ「これを(ジュリエットに渡してくれと愛の花を渡す)
乳「まぁ、ありがとう
すかさずロミオ「ジュリエットに!

花を渡すまで、ウエスト部分に入れてるんですけど
その姿が妙にかわいい♪


さて、ここから私の大好きな乳母の大ナンバー
"あの子はあなたを愛している"
しかも舞台上で一人。
一番の泣き+感動場面といっても過言ではない(私にとって)

初日に聴いた時思わず涙を流した。

男役であの歌はけっこうキツイと思う。
しかもコマちゃんは元々声が低いですから余計。
それでも地声であそこまで歌えるってすごいですよ!!

初日と2日目は歌いずらそうな部分があったりしたんですけど
その、声がちょっと詰まる感じがあの場面としては
逆に良いと思えたり。
グッとくるものがあるんですよね。

歌詞も一つひとつの音との相乗効果でこれまた涙を誘うんですよ

もう私は 必要ない
 私を置いて 巣だってゆくのね


自分が産んだ子じゃない
 でも私の子に違いない
 生みの親にも わからせたい
 あの子が望む生きる道を 認めて欲しい


どうか神様 この私にも
 勇気を下さい
 ロミオとジュリエット 結ばせる為に
 この愛を実らせる為
 力を下さい


初日なんか2階の一番後ろで観てたのに
ジュリエットが生まれてからずっと育ててきたっていうのが
すごい伝わってきて…
だから、「もう私は必要ない」とか
そんなこと言わないでって心の中で思って聴いてました。
オペラで表情見てたら更に涙腺が緩んでしまうので
表情は見ないようにします。(ちゃんと見なさい。)

あの乳母は、コマちゃんだから出来たのだと
そう思えて仕方がありません。


「産みの親」というフレーズがでてきた時
晴華みどりちゃんの顔が浮かんできたんです
それは、みどりちゃんがキャピュレット夫人として
舞台に生きている証拠なんだと思いました。

あまりにも自然に浮かんできたもんだから、
ビックリして鳥肌が立ちましたよ。

愛の花を持って歌うっていう演出も好きです。

そして、2週間振りに聴いた乳母のソロ
ものすごい良くなっててビックリした!
声量が更にupしていて感情もよりこもってて。
感動したよ!乳母@コマちゃん!



第11場 キャピュレット家の裏口
乳母がソロで客席を感動の渦に包みこんだ後。

ジュ「もうどこ行ってたの
乳「歩き過ぎて脚が棒の様ですー
感動させておいて涙を引っこませるなんて
乳母ったら罪な人。

ジュ「も~ぅ、あの方には会えたの?
乳「あの方ってどの方?殿方には沢山会いましたけど
ジュ「ロミオよ!私の愛する
乳「ロミオよ私の愛する(愛の花を渡す)
ジュ「わぁ、愛の花
みみちゃんの言い方がかわいいの!

乳「午後の懺悔の時間に礼拝堂で結婚式を挙げるとのご伝言です
ジュ「ありがとう!!(乳母に抱きつく)
乳「私にありがとうなんて言わないで
ジュ「だって、今まで育ててくれた
このジュリエットの台詞が再び涙腺を緩ませる。
みみちゃんの言い方もほんとに感謝の気持ちがこもってて。。



第12場 礼拝堂
結婚式の場面。

花嫁に会うロミオの表情がすごく幸せそう。

神父様と乳母に見守られながら式は行われる。

ここに愛と死が出てくるんですよね~
ほんと毎回いい時にでてくるんだから。

この場面、確か台詞がないんですよね
"エメ"が流れてるだけ
それが逆に効果的なのかも。

愛する人に会えた嬉しさで言葉が出るところですが
二人には声に出さなくても通じるものがあるんだろうなぁと。
二人にしかわからない何かが。
だから言葉を交わさなくてもいいんですよね。
むしろ交わさない方がいいと。



これにて第1幕の脳内メモリーは終了です!
いやぁ、大好きな乳母のソロについて語っちゃいました(笑)

次回は、第2幕からです。
2幕は展開が早いのでちゃんと記憶しておかないと
順序がごっちゃになってしまいそうです。。

それではまたm(__)m




2011.3.6(Sun)
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。