スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年 全ツ・DC 公演ラインアップ

04-27,2011

花組
■主演・・・(花組)蘭寿とむ、蘭乃はな

◆全国ツアー:2011年10月15日(土)~11月13日(日)

江戸風土記
『小さな花がひらいた』
-山本周五郎作「ちいさこべ」より-
脚本/柴田侑宏 演出/中村暁

山本周五郎の短編小説「ちいさこべ」を舞台化したもので、
1971年の初演以来、度々再演されている感動作。
度重なる災禍に屈せず、雄々しく生きていく主人公・茂次と、
健気に働く娘や子供たちとの温かい心の交流を描いたミュージカル。


ロマンチック・レビュー
『ル・ポァゾン 愛の媚薬II』
作・演出/岡田敬二

岡田敬二によるロマンチック・レビューの代表作の一つで、
古今東西の愛の逸話で構成した作品。
1990年に月組により初演し好評を博し、
本年2月には星組により中日劇場で再演。
今回は、星組バージョンをベースとし、花組のために一部アレンジして上演。



花組
■主演…(花組)壮 一帆

◆梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ:2011年10月18日(火)~10月30日(日)
 一般前売:2011年8月20日(土)
 座席料金:全席7,500円

◆東京特別(日本青年館):2011年11月4日(金)~11月10日(木)
 一般前売:2011年10月2日(日)
 座席料金:S席7,500円、A席5,000円
 ※当初発表の予定より、公演期間が、変更となりました。

『カナリア』
作・演出/正塚晴彦
  
パリを舞台に、小悪魔が人間界で最初に出会った女性を巡り
引き起こす騒動をコミカルに描いたミュージカルで、
2001年、匠ひびき主演により花組選抜メンバーで上演。
ちょっとブラックでスパイスの効いた、大人のファンタジック・ラブコメディ。



月組
■主演・・・(月組)霧矢大夢、蒼乃夕妃

◆全国ツアー:2011年11月19日(土)~12月11日(日)


宝塚グランド・ロマン
『我が愛は山の彼方に』
-伊藤桂一作「落日の悲歌」より-
脚本・演出/植田紳爾

1971年初演時に絶賛を浴び、1984年の再演時には芸術祭優秀賞を受賞した秀作。
10世紀中葉、朝鮮半島を支配していた高句麗と、隣国の女真国との戦いの中、
女真国に囚われた高句麗の娘・万姫と、
万姫に思いを寄せる二人の武将―万姫の婚約者・朴秀民と、
女真国の将軍・チャムガの愛と葛藤を描いた作品。


ショー・スペクタクル
『Dance Romanesque(ダンス ロマネスク)』
作・演出/中村暁

“Romanesque”とは、小説のように数奇的、情熱的であるさま、という意味。
「ダンスが一瞬を永遠に変える」というテーマのもと、
若さと活気に満ちた群舞、ストーリー・ダンスなど、
様々なダンス・スタイルで構成した、情熱的で躍動感溢れるショー。




2011.4.27(Wed)
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。