スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受講終了

06-27,2011

嵐のワクワク学校に行ってきました!

当初、東京ドームで3日間
コンサートをやる予定だったそうですが
電力不足の影響を考え
電力消費を抑えたチャリティーイベントを
急遽行うことに
なったそうです。

5人が先生となり
それぞれが科目をもって授業を行うという
新たな試みでした。

1限目 ドキドキ 二宮先生
2限目 ビリビリ 松本先生
3限目 パクパク 相葉先生
4限目 パチパチ 櫻井先生
5限目 モシモシ 大野先生



●ドキドキ…人の心臓について
一回の鼓動で70ccの血液が送られている
一日の鼓動は約10万回、送られる血液の量は7トン\(◎o◎)/!
人の身体の血管の長さは地球2周半分だそうです\(◎o◎)/!
毎日7トンの血液たちが10万kmを走っている。 


●ビリビリ…身の回りの電力消費
例えば、冷蔵庫…500w 洗濯機…500w トースター…1200w
嵐が自転車をこいで実験をしてくれました(^◇^)
スタンドライト…1アラシ
テレビ    …2アラシ(かなり頑張って)
ドライヤー  …5アラシでも無理

ということで、Happiness一曲分自転車をこいで
蓄電気に電気を溜め何秒間つくか。
結果は…8秒\(゜ロ\)(/ロ゜)/
5人が頑張って自転車をこいで電気を溜めても8秒しかつきません。
それだけドライヤーは消費電力が多いのです。
気をつけないといけませんね。
ドライヤー実験のマネキンが怖かったわ(笑)
Happiness=ドライヤー8秒


●パクパク…普段食べているお肉はどうやってくるのか
まずは、相葉くんが豚バラ肉のカレー炒めをつくります。
すごい美味しそうだった~(●^o^●)
皆も美味しく食べます。
そして、このお肉はどうやってくるのか。

相葉君が農家を訪ねたVTRへ。
ここでは食用豚を出荷するまで愛情を注いで育てます。
子豚をみてはしゃぐ相葉くん。
楽しいのもつかの間、大きくなった豚のところへ。
赤いスプレーを渡されその中から10頭選んでと言われます。
そう、選ばれた10頭が出荷、つまり屠殺場へと送られるのです。
中にはなついてくる豚も…そんな豚に印をつける…
みていて辛かった。。
産まれた頃から愛情をもって育ててきた豚たちを
屠殺場へ送り出す時の気持ち…
農家の方はこの時、今日もいい仕事をした!と思うそうです。
その気持ちも聞いていて辛かった。
これを知らないで食べるのと知って食べるのとでは違う。
だからこそ、私たちはしっかり食べなければいけないんだと。

近年、食べ残しが問題になっています。
このままいくと2050年には食糧がなくなってしまう。
こうならないためにはどうしたらいいのか。
それは、毎回の食事を残さず食べる。
当たり前のことが一番大切なんだと。

美味しい食べ物を食べるのではなく、
食べ物を美味しく食べる。
食材への感謝 ごちそうさま ありがとう


●パチパチ…身の回りにあるすごいを見つける
信号機にひさしがついているのは埃をよけるため、
実は信号機のLEDライト一つ一つにもひさしがついている>゜))彡
(↑これ知らなかった人多いのでは?)

トイレの水道、中が小さな水力発電みたいになっていて
水が出ることによってその力で電気をつくってる(だったかな)

交通事故の死亡者を減らすために
ドライバーをほめる運動がある
実際に死亡者数ワースト1位だった愛知県がワースト6位になった。
いつも心にパチパチを


●モシモシ…言葉
もしもしの語源は「申し上げます」
「申し上げます」
   ↓
「申し申し」
   ↓
「もしもし」となった。

明治時代に電話という連絡手段ができた。
電話の相手に失礼にならないように
要件を伝える前に「申し上げます」と言っていたのが
現在の「もしもし」となった。

私たちが連絡手段としてつかっているものに共通しているもの
「言葉」。
言葉がなければ何も伝わらないと。

ということで、メンバー1人に4人からメッセージ。
最後の回は大野君へ4人から。
とても素敵なメッセージでした。

仲がいいって言ってもらえるのは
リーダーが皆の意見を受け入れて
一歩下がったところでどしっと構えてくれているから。


ほんとにそうだなって思います。

二宮くんのメッセージにはハッとさせられました。
彼はいつもかっこいいこと言ってくれるんですよね。(まったく)

抽選で選ばれた1人と大野君が電話で話すという
スペシャルな授業もあって盛り上がってました!
大切な人にありがとうをたくさん伝えよう



今回参加できてよかったなぁって思います。
授業も楽しかったし、改めて考えさせられることもありました。
そして、5人の絆を改めて強く感じました。
嵐を好きになって良かった。




2011.6.27(Mon)
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。