スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪組 宝塚大劇場公演 『ロジェ』 『ロック・オン!!』 千秋楽

07-28,2010

千秋楽の楽屋入・公演・サヨナラショー・楽屋出(パレード)について。

分けて書きたくないので一気にかきますので、"かなり"長くなります

それから、SKY STAGEで観た様子からですので違うところもあるかと思いますがご了承下さい。




それでは一度たたみます。




●楽屋入●(トップ退団時には千秋楽の楽屋入でイベントがあります)

水さんらしく、黒い車でいらっしゃいました
上下黒い服で白いパーカーの背中には「1」と入っていました

この白いパーカー退団者のお揃いで、学年順で番号が付いていたそうです

そして、半透明のレインコートを着せられた水さん笑(皆お揃いです)

前には「水もしたたるいい男」

後ろには「本日の降水確率30%」と書かれたタスキをかけられて笑、

ここから雪組生とファンの共同作業の開始です!


桂ちゃんの「は~い」を合図に

みなこちゃん「水さんすてき~」(メガホンで)

ファン「キャー」
ここで映る桂ちゃんがかわいい笑

全員「♪水はモテモテ あなたモテモテあなたモテモテ」(君愛の替え唄)

みずさん嬉しそうに歩きます(*^_^*)

その後ろを霧吹きを持った桂ちゃんがついていきます(かわいい)
      ↑
  これで雨を降らせます笑

ちなみに、みなこちゃんもピンクの傘を持って水さんの後をちょこちょことついていってるのですが、
その様子もかわいい

台車に乗った水さん、ファンの人たちに手をふります
このキタさん(緒月遠麻)ともう一人(顔が見えなかった)が押してました

ここでは再び桂ちゃんの「は~い」を合図に雪組生が
「♪ロック・オン! ロック・オン! 水 水 水」(ロック・オン!の替え唄)

「雨の後には虹~」と雪組生お手製の虹が出現!!
ニュースでは虹が映って無かったので残念です

ファン「行ってらっしゃ~い!」

水さん「体力温存で、出てくるまで待っててください!行ってきま~す頑張りま~す」



●公演●

お芝居は正塚先生の作品なので、これといったアドリブはなく…

ただひとつ、ニュースでは放送されませんでしたが、

そらくんが桂ちゃんにコートをかける場面でのこと

いつもなら、そらくんが背を向け桂ちゃんはコートをかけてもらってそのまま行くのですが、
千秋楽はコートをかけてもらった桂ちゃんがそらくんの肩をポンポンと軽くたたき、そらくんが振り返った時

「今までお疲れさん」

「ありがとう」

「またな」

と言ったそうです
桂ちゃんの粋な計らいに涙


ショーの盛り上がりはすごかったみたいですよ!!

プロローグ終わり、拍手が鳴りやまず


第4条E終盤

水さんが「せ~の」と煽ります

お客さん「ワン・モア・タ~イム!」

すると水さん「言っちゃった~ 言っちゃったら終わっちゃうから!」

煽っておいてそんなこと言うなんてと思いましたが笑

暗転前は「雪組サイコー!」でした

ショータイムはラテンバージョンでした



●サヨナラショー●

はじめに組長さんの挨拶(中略あり)
「皆様、本日は雪組公演ロジェとロック・オン!の千秋楽にお越しくださいましてありがとうございます。
 6月25日に初日を迎えましたこの公演は、雪組のトップ 水夏希と愛原実花の退団公演でございます。
 この劇場で、水夏希と愛原実花が率いる舞台は今日が最後となりましが、卒業までの間にはまだ、
 8月13日から9月12日までの東京宝塚劇場での公演がございます。
 最後のその日までどうか引き続き、熱い声援をお送りくださりますよう、よろしくお願い申し上げます。
 雪組で、水夏希が種をまき育ててくれたものを、新しい雪組でしっかりと守っていきたいと思います。」


曲目
・「最後のダンス」エリザベート
 大階段登場で歌いあげます 黒天使のメンバーの中にはみなこちゃん がいます…


・「愛と死の輪舞(ロンド)」 エリザベート


・「世紀末の詩」 ロミオとジュリエット


・「愛のテーマ」 ロミオとジュリエット  ロミオとジュリエットは水さんの思い出の作品です


・「別れの言葉」ロシアン・ブルー     みなこちゃんとのデュエット


・「AQUAの地球(ほし)」桂ちゃんソロ


・「衝動」カラマーゾフの兄弟       スーツでセリ上がり


・「水さんソロダンス」ソロモンの指環


・「マリポーサの花プロローグダンス」


・「水さん以外退団者銀橋」RIO DE BRAVO!!中詰め    水さん客席から登場!!


・「灰の水曜日」 Carnevale睡夢     銀橋で一人しっとりと歌いあげます


以上でサヨナラショー終演です



●退団者挨拶●
退団者が大劇場最後の大階段を降りて挨拶をします

そらくん・みなこちゃん・水さんの挨拶を書きたいと思います(敬称略)


真波そら

「今 ここに立って思うことは、もうこの舞台上から

 皆様の温かい笑顔を見ることができないことが、
 
 本当に寂しいです。(ボロボロ涙をこぼしながら)
 
 私は、皆様に出会えたから 今まで走り続けることができました。

 すべてにおいて 不器用な私の面倒を見て下さった、大好きな 大好きな(力強く)雪組の皆様、

 いつも 愛情をもって支えて下さったスタッフの方々、そしてなにより、
 
 温かい拍手温かい眼差しでいつも見守って下さったすべての皆様に、

 感謝の気持ちを込めて 本当に有難うございました。」



愛原実花

「同じ時を二度は生きられない、その方がいいとおもうことをするしかないじゃない。

 大好きな台詞の一つです。

 生きていく中で、自分の信じる道を真っ直ぐに歩くことの大切さを、

 宝塚から教えていただきました。

 宝塚に憧れ、入学してから、宝塚の舞台に 本当に沢山のことを教えていただきました。

 今はただただ、巡り合えたすべての皆様 温かく見守って下さいましたお客様に、

 感謝の気持ちで一杯でございます。

 雪組生として、水さんの相手役でいられたこと 幸せにおもいます。(涙声)

 今まで、本当に有難うございました。」



水夏希 (予想通り黒燕尾でした。大階段で胸に手を当て一礼します
同期生からのお花は花組の絵莉千唱さん、雪組生からのお花はもちろん桂ちゃんです。)

「ついに、この時が参りました。

 共に走ってくれた仲間がいたから、

 情熱を傾けて下さるスタッフの皆様がいたから、

 そしてなにより 客席で愛情をもって見守って下さるお客様がいらしたから、

 私は 沢山の 沢山の(力強く)夢を叶える事ができました。

 止まることのない時の流れの中で(涙声)、前を向けないことも

 後ろ向きになったこともありました。

 でも、最後にこうして 前を見つめて 情熱の全てを
 
 私のできるありったけの精一杯の想いを懸けて、

 命を削って 舞台を務める毎日は本当に、掛替えのないものでした。

 だから、我が宝塚人生に 1ミリたりとも悔いはありません。

 本当に 本当に、有難うございました。(力強く)」



全員ですみれの花咲くころを歌いながら、退団者が銀橋を歩きます

水さんと桂ちゃんのツーショット場面があって…何とも言えない気持ちというか…
桂ちゃんは笑顔でした…強くなったんだなと思った瞬間でした

一礼して幕が降ります。



●カーテンコール●

1回目
 
水さん「一連の儀式が終わりまして」(場内笑)
   
「公演が無事に終わった安堵感と、本当に終わってしまった のか!?

 複雑な心境でございます。でも確かなことは、

 今日劇場に足をお運びいただけなかったお客様も、

 この公演に関わって下さったすべての皆様 確かに毎日

 心を交わして熱い想いを共に過ごしました。

 この感覚は肌が覚えております。皆様の心にも残ると信じております。

 本当に本当に温かい想いを、有難うございました。」



2回目

水さん
「私ずっと、主演をさせていただくことになりましてから、

 客席参加型という言葉をスローガンにやって参りましたけども笑、

 なんかこう、少々強引な体育会系なやり方についてきてくださった、

 ナガさんケイコさんをはじめとする雪組の皆、そして 宝塚的にアリなのだろうか!?

 と思いつつも、思い切って参加して下さいました皆様方、

 ホントに客席と舞台が一つになるってこういう事なんだなって、

 毎日最高な瞬間を過ごすことができました。掛替えのない時間を、本当に有難うございました。」



3回目

水さん
「今回の公演、退団者が9名もおりまして、

 雪組にとりましては大変痛手で寂しいことではございますけれども、

 わたくし退団者の長といたしましては大変心強く(場内爆笑)」



ここから水さんお得意の退団者一人一人へメッセージ


「下級生ながらも、個性溢れるゴエ(琉動真瑳)。

娘役とはいえ、思いもかけないキャラを披露してくれたトモちゃん(美乃ほのか)。

そして、男役バリバリではあるけれども キラキラやメイクのことで意気投合したあずりん(梓晴輝)。

そして、しっかり者のひとたん(悠月れな)。

ぶっきらぼうだけども、とっても優しいおふじ(紫友みれい)。

癒し系のサトちゃん(彩夏涼)。

ピュアなまゆ(真波そら そらくんまた泣いちゃってました涙)。

それから、一年前に主演娘役になって、大変なことが一杯あると
あるとも あ あちゃぅ あったと思いますけども ごめん噛んじゃった(大事なところで噛む水さん笑)、
あったと思いますけども よくホントについて来てくれました、
ありがとうみなこ(愛原実花 みなこちゃん泣き顔)。

そしてわたくし水夏希(場内笑)、本日を持ちまして 宝塚大劇場を卒業させていただきます。
本当に 本当に(力強く)有難うございました。」



4回目

「下級生のころパレードで、銀橋に一歩踏み出した位置に入れたことが、

 すごく嬉しかったこと 今でもよく覚えています(涙声)。

 そして、一人で銀橋を渡る場面をいただいた時、怖くて怖くて仕方がなかった時のこともよく、

 覚えています(さらに涙声)。

 でも今は、舞台で一人でいても(場内笑)、怖くありません(場内爆笑と拍手)。

 雪組の仲間が、袖にいてくれるから、そして、皆様を心から信じているからです。

 本当に、こんな日が来るのだろうかと、

 あそこらへんで(下手花道を指しながら)ウォーミングアップをしていた時期もありました。
 
 まるで、自分の家に居るかのごとく リラックスしているわたくしがおります。

 本当に 本当に、今まで出会った全ての皆様のお陰でございます。本当に 有難うございました。」




退団者の仲間を呼びます

「長々とお話させていただきましたけれども、

 宝塚大劇場本日私たち卒業いたしますけれども、東京の9月12日まで悔いなきよう

 毎日大切に心を込めて公演して参りたいと思っております。

 今日が最後の方もいらっしゃると思いますけれども9月12日まで 何度も申しますが、

 日本全国 世界各地から"ロック・オン!"していただきたいと思っております。

 一ヶ月間雪組公演に 熱い拍手と笑顔を送ってくだいました全ての皆様、

 本当に 本当に(力強く)有難うございました。」




最後は水さんが一人、緞帳の前に出てきます

「主演になった時、

 舞台の空気と客席の皆様の空気の真ん中に立てることがすごくありがたくて、

 そこから学ぶものが沢山あって 充実した毎日を送ろうと

 本当に最後まで頑張れるのだろうかと、

 そんな日々も沢山ありましたけれども、

 本当に皆様が熱い拍手と熱い眼差しを送ってくださいましたお陰で、

 今日の公演も色々ありましたけれども(ハプニングがあったみたいです笑)

 千秋楽なのにと若干思いましたけれども、

 それも自分らしくていいのかなと…はい 先ほども申しましたが、1ミリたりとも悔いはございません。

 本当に 本当に あ もう…言葉に出来ない?想いというのはこういうことだなと実感しております。

 沢山の想いを本当に有難うございました(お客さん見渡して)。

 これからも これからも(力強く)末永く客席参加型で宜しくお願いします。

 本日は本当に有難うございました。」




●終演後記者会見●
(抜粋して書きます。)

「広い広い大劇場 今日は何やら狭く感じました。

 色んな事がありました宝塚生活でしたけれども、

 実に やりたいこと 珍しいことも 大変なことも、わがままを言わせていただき

 やりたこと全てやらせていただきました。

 本当に、1ミリたりとも悔いはございません。

 また、9月12日の千秋楽まで宜しくお願いいたします。」




○退団挨拶を黒燕尾に決めた理由…

「黒燕尾で降りたトップの方を初めて見たときに、

 最後の大階段はタカラジェンヌとしてというよりも、

 男役水夏希として降りたいという夢を抱いておりましたので、

 最後の最後にまた一つ夢が叶いました。」



○宝塚大劇場に対する思いは…

「皆様の温かいお気持ちもあり どこに居ても自分が気を使うことなく過ごせる…

 当たり前の場所になっています。

 自分が公演中過ごす当たり前の空間という感じです。」



○雪組生に向けて…

「組子の皆さんだけでなく 卒業する者として、宝塚を本当に好きでいて欲しいなと思います。

 今夢中になっていることは何ですかという質問に対して、

 宝塚です と答えられる生徒であって欲しいなと思います。」



手形を披露して記者会見は終了です




●パレード●

みなこちゃんはポロポロ涙を流しながらアーチの中を歩きます。車は白のBMWでした。

水さんは遠くに居る人にも手を振って清々しい笑顔でした
「皆無事でよかった!心配してました 倒れちゃうんじゃないかと思って」

最後までファンの皆さんを気遣って下さる…嬉しいです


車は珍しくオープンカーではなく(トップさんは大体オープンカーなんです)、
屋根付きのなんの装飾もされていない黒のBMWでした。
最後まで水さんらしくシンプルですね。


パレードの時間帯 水さんの地元千葉では雨が降ったらしいです笑


東京公演も体調に気をつけて頑張って下さい!待ってます



最後まで読んでくれてありがとうございました!!
以上で、宝塚大劇場千秋楽の報告をおわります。




2010.7.28(Wed)

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。