スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宙組公演 『モンテ・クリスト伯 / Amour de 99!!』 東京初日

05-12,2013

宙組東京公演開幕おめでとうございます!!(遅っ)

さて、行って参りましたー初日。

このお芝居...私好きです!


では、簡単に初見感想をば。

※ネタばれ含みます


●モンテ●

ストーリーもちょこっと書いちゃいます(笑)
19世紀初頭、フランス。皇帝ナポレオンが失脚しエルバ島に追放されていた頃。
地中海に面した港町マルセイユでは、若き航海士エドモン・ダンテスが恋人のメルセデスと
結婚式を挙げていた。船長への昇進も決まり幸せの絶頂にあったダンテス。
しかし突然、ダンテスは身に覚えのない容疑で逮捕され、シャトー・ディフに投獄されてしまう。

ダンテスを陥れたのは、メルセデスに想いを寄せていた恋敵のフェルナン(朝夏まなと)と、
ダンテスの出世を妬む同僚のダングラール(悠未ひろ)、
そしてダンテスを取り調べた検事補のヴィルフォール(蓮水ゆうや)だった。
ダンテスはこの前の航海で政府が近付くことを禁じられているナポレオンの追放先、
エルバ島に上陸せざる得ない事態となりその際、ナポレオンからある人物に手紙を届けてほしいと
ひそかに頼まれていた。そのことを知ったダングラールとフェルナンは、
ダンテスがナポレオン派のスパイだと密告。検事補のヴィルフォールはダンテスは無実だと確信するが、
その手紙の宛先が自分の父親だと知るや、身内にナポレオン信奉者がいることが漏れるのを恐れて
口封じのために彼をシャトー・ディフへ送った。




ダンテスが逮捕される場面から物語は始まります


一旦は逃げようとするも再び追い詰められ...

ここで一旦かなめさんはハケます
そして再び出てきます。後ろ姿で。

物語は逮捕される前の結婚式の場面へ
逮捕されたダンテスがセリ下がったのと同時に
セリ上がってきたのは・・・え?ダンテス?え?かなめさん?!

そう、先ほどかなめさんが一旦ハケた後に出てきたのは、愛月ひかるくんだった!
そう!そうだった!情報は得ていたけれどすっかり忘れていたのと
あまりにも背格好が似ていたので気がつかなった(*゚Д゚*)ェ…


さて、結婚式!
メルセデスがお花を持って登場・・・か、可愛い( ´艸`)
「エドモォン(ハート)」って...か、可愛すぎて白目。

銀橋に駆け寄る二人。
幸せ絶頂の二人。
曲がまたいいんだわこれが


眠れない 寂しい夜は 君の名前を呼ぼう
今日から 君のその涙を ぬぐのは 僕の仕事

(泣かせてるのもあなたじゃない!と突っ込んだのは内緒ww)


手を のばせば 君がそばにいる 神に誓うよ 永遠の愛を


本舞台に戻り二人イチャイチャ←
からのキスシーンで再び白目(笑)


で、逮捕されるんです。



ちょっと記憶が...

・ルイジ・ヴァンパのカイちゃんがかっこよすぎる
・ダングラールとフェルナンの憎しみの歌が簡易的すぎるww
・緒月さんが緒月でいい←


時を経て再会するエドモン(モンテ・クリスト伯)とメルセデス。
メルセデスは貝殻のネックレスでエドモンだと気付く。
メルセデスはフェルナンと結婚していてアルベールという息子もいた。

アルベールは、ダンテスと知り合うきっかけとなった事件が
実は彼の手によって仕組まれたものであり全ては父を陥れようとする
ダンテスの画策だったと気付く。
アルベールはメルセデスに制止も聞かずダンテスに決闘を申し込む。

息子の身を案じたメルセデスは決闘の中止を懇願しにダンテスのもとを訪れる。

ここ。大好きな場面
ダンテスの呼びかけに対しメルセデスが
「二人でいるときはメルセデスと呼んで」と。
この言葉にこれまでの全てが詰まっている気がしてハッとさせられました。


このあと、立ち回りになるわけですが、かなめさんが

「愛があっての、お互いを思い合っての戦わなければいけない状況。
何かを守らなければならない状況っていうのをすごくあそこで表現しなきゃいけないので、
立ち回りというよりは「愛の表現方法」と言った方が良いんじゃないかなと思います。」

と仰っていて、またもハッとさせられました。


ダンテスの中で、復讐と赦しが激しくせめぎ合う。
メルセデスはダンテスに剣を向けるが...殺せない。
それは、今でもダンテスを愛しているから。

同じくダンテスもメルセデスをいまでも愛しているから、だから、
自分を殺せと。自分が先に死ねばメルセデスの死を見ずに済むから。
と思いながら観ていました。

そして、アルベールは実は...


最後はハッピーエンドで浄化されます。


メルセデスの台詞一つ一つに母親としての感情が感じられた気がして
(私は母親ではないのではっきりとは言えませんが)
みりおんちゃんの母親役とても魅力的でした。

だいぶカットして書いてしまいましたが^^;
お芝居初見感想はこんな感じで。



●Amour●

チョンパっていいね!盛り上がるね!!
でもね、拍手で盛り上がってみりおんちゃんのソロの出だしが聴き取れないの!
残念。・゚・(*ノД`*)・゚・。

長い 時をかけて 愛され育まれた夢たち
長い 時を越えて 光に満ちた煌く舞台
99の愛を見せて 今こそ


でも可愛いからいい。
ショーはちょっと記憶の方が...
取り敢えず、女王様の御御足は素晴らしかった...!
パッションフルーツみりおんも可愛かったよ~☆

ツンデレデュエダンありがとうございます<(_ _*)> アリガト


次はもっと細かいところまで観たいです。




2013.5.12(Sun)
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。